スロットの期待値とは?期待値稼働は勝てない? | スロット初心者が勝てるように必要な事を教えるブログ(・∀・)

スロットの期待値とは?期待値稼働は勝てない?

こんばんわ!ぴよパパです!(^^)/

今日は期待値とはなんなのかに、ついてお話ししていきます!

「期待値」という言葉は知っているけれど、期待値を意識した「期待値稼働」でホントに勝てるのか気になっている人も多いと思いますので、そのへんについてもお話していきます!

それではいきましょう!

期待値ってなに?

今回は「期待値」についての記事になるのですが、パチスロをやっていれば一度位は耳にした事があるのではないでしょうか?

実はこの「期待値」を知ることこそがパチスロで勝つための第一歩となります!

詳しく話すと非常に数学的な話になりややこしいですが、パチスロを打つ上ではそんなに細かい数字を気にする必要はありませんので、肩の力を抜いて読んでみて下さい!

期待値のある台を打って勝てる理由

端的にお話すると期待値2000円の台を打てば2000円勝つことが出来ます。

もちろん実際に勝ち続けるというのは難しい為、勝ったり負けたりを繰り返しつつ期待値に近づいていきます。

この期待値というのは、当たったときの平均獲得枚数-当たるまでの平均投資額で計算されます。

つまり、平均獲得枚数が700枚。当たるまでの平均投資額が600枚の台の期待値は100枚なので、等価交換であれば期待値2000円と言うことになります。

分かりやすくいうと期待値とは平均値と言うことになりますね。

平均値と言うことは勝つこともあれば負けることもあります。しかし、期待値のある台を数多くこなせば必ず確率が収束する為、期待値に限りなく近い収支になります。

サイコロを例に考えてみましょう。

サイコロを振った時に6が出る確率は常に6分の1ですが、必ず6回に1回出る訳ではありません。

6回中6回出る可能性も6回中0回の可能性もあります。しかし、試行回数を増やせば増やすほど確率は6分の1に限りなく近づきますよね。

これが、期待値のある台を打っていて、勝ったり負けたりしながらも、徐々に期待値に収束していき結果的に勝てる仕組みです。

大事なのは、期待値がプラスの台さえ打ち続ければ、試行回数の増加に伴い、収支も必ずついてくるということです。

具体的にどういう台を打てばいいの?

それは天井手前ゾーン手前のゲーム数で落ちている台です。

中々当たらないときの救済措置として天井という物があるわけですが、天井に辿り着くと強制的に当たりを引くことが出来ます。

つまり

できるだけ天井間近から打つことにより、少ない投資で当たりを確実に引くことができる訳です。

これは「ゾーン狙い」も、同じ事が言えます。

当たりやすいゲーム数だけをピンポイントで狙うことにより、当たる確率を強制的に上げている訳です。

つまり少ない投資で当たりを引きやすいということなんですね。

まとめ

1つだけ頭に入れておいてほしいのが、必ずしも期待値通りに出玉が伴う訳ではありません。

しかし期待値が高ければ高いほど収支は安定し、数をこなせばこなすほど、収支は限りなく期待値に近づいていきます。

実際に期待値稼働をする際に、複数台天井やゾーンを狙える台がある場合は、少しでも期待値が高く、時間効率の良い方を選ぶようにしましょう。

もし、同じホール内にライバルがいないのであれば、時間効率のいい「ゾーン狙い」を消化した後、期待値の高い「天井狙い」など効率や状況を見極めて立ち回りましょう。

ちゃんと期待値を追っていても負け続ける事もあり、ホントに勝てるのか、不安になると思いますが、期待値稼働をした事がある人は誰しもが通る道です。

僕のブログでハイエナについてしっかり学べば、徐々にスロットで稼げるようになります。

というわけで今回は期待値についてのお話しでした!

それではまた!ぴよパパでした!(^^)/

次の記事はコチラ↓↓

ホントに勝てるハイエナの仕方教えます!
家スロをまったり楽しみたい方はこちら!→パチスロ販売【A-SLOT】

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PAGE TOP