GRT搭載のコードギアスR2 C.C.ver!打った感想! | スロット初心者が勝てるように必要な事を教えるブログ(・∀・)

GRT搭載のコードギアスR2 C.C.ver!打った感想!

どうも!ぴよぱぱ(@piyopapa0218)です!

 

6号機への移行に伴い、新しく生まれた「GRT」。

一体どんなシステムなのか?GRTとはなんなのか?と一瞬世間を騒がせましたが、なんてことはないただのリプパン外しのRTでした。

最近導入されたGRTって一体なに?RTやARTと違うの?その疑問に答えます!

そして、今現在、唯一そのGRTを搭載している希少な台「コードギアス反逆のルルーシュR2 C.C.ver」を打ってみた感想を解析情報をまじえながらお話ししていきます!

 機種概要

出典:Sammy

 

SammyからGRT第一弾として、コードギアス反逆のルルーシュR2 C.Cver が出されました。

こちらの台はGRT第一弾ではあるものの、その仕様はA+RT仕様になっており、ビッグボーナス後は必ず150ゲームのRTに突入します。ボーナスは4種類存在し、ビッグボーナスが3種類とミドルボーナスが1種類で、ミドルボーナス後も必ず50ゲームのRTがついてきます。

このRTとボーナスをいかに絡める事ができるか。それが、本機の、出玉を伸ばす最大のカギになっている訳なんです!

また、ありがたいことにビッグボーナスとRTのループ率は設定1でも50%を超えます。

それではこちらの機種の仕様をさらに詳しく見ていきましょう。

ボーナスの種類

ボーナスの種類は4つ

  • GEASS BIG BONUS…【白7赤7青7】獲得枚数252枚+次回ボーナスまでRT継続!
  • HYPER BIG BONUS…【白7白7白7】最大獲得枚数250枚+RT150ゲーム!
  • NORMAL BIG BONUS…【赤7赤7赤7】又は【青7青7青7】最大獲得枚数205枚+RT150ゲーム!
  • MIDOLE BONUS…【白7白7青7】又は【青7青7白7】最大獲得枚数70枚+RT50ゲーム!

となっていますが、打ってみた感じ、メインのボーナスはNORMAL BIGとMIDOLE BONUSですね

獲得枚数こそ多くはないですが、やはりループを売りにしているだけあり、確かにRTとボーナスは絡みやすい印象です。

また、MIDOLE BONUS後のRT50ゲーム中は緑色のC.C.図柄が揃うとボーナスか無限RTに昇格します。

ボーナス確率

ボーナス確率は以下の通り

  • 設定1…1/199.8
  • 設定2…1/193.9
  • 設定3…1/182.0
  • 設定4…1/171.1
  • 設定5…1/161.4
  • 設定6…1/149.6

合算だけみると、普通のAタイプと比べてとても重く見えますね。

しかし、ビッグ後についてくるRT150ゲームからのスタートになるので、体感では、そこまでボーナスが遠いといった感じはしませんでした。

ボーナス期待度(通常時)

 

リプレイ<スイカ<ギアス目<右チェリー<滑りギアス目<狙え!カットイン

となっています。

実際期待できるのは右チェリー辺りからですね。

リプレイ、スイカ、ギアス目に関しては僕が打っているときは完全に空気でした。(笑)

 

設定判別要素

こちらの台は設定判別要素が多々含まれているため、打つ機会があるようなら、詳しく書かれているサイトを一度覗いてみることをおススメします。

設定差のある主な部分としては、

  • ボーナス確率
  • チェリー、スイカ、ベル確率
  • RT50ゲーム中の無限RT昇格率

また、設定を示唆するポイントも記しておきます。

  • ボーナス確定画面のSDキャラ
  • MIDOLE BONUS中カットイン
  • C.C.タイム中カード
  • ボーナス終了画面
  • RT終了画面
  • サミートロフィー

以上のように非常に多くの設定判別要素がある為、見落とさないようチェックしてから打つようにしましょう。

ちなみに僕の打っていた台は、MB中やRT終了画面で高設定示唆の画面を複数回確認していますが、ボーナス確率は終始、設定1付近でした。笑

狙い目

こちらの台は天井やゾーンは特にありません。したがって高設定が唯一の狙い目になります。

打ってみた感想

正直に申し上げますと、予想より面白かったです。

今回、新システムのGRTとはどんなものなのかを体感する為に触ってみました。

打つ前は「RT150ゲームもあったらダラダラした内容になりそうだな」なんて思っていたのですが、RT中は個人的に楽しく、飽きることなく打てました。

RT中にビッグが引ければ、また150ゲームのRT開始なので、感覚的にはパチンコのSTに近い気がします。

ただ、小役を引いた際の演出の強弱がはっきりしすぎていて、当たったかどうか、が比較的分かりやすくなっている気がしました。

当たらない時は小役をひいてもホントに空気のようなんで、唯一それが残念でした。

今回はたまたま演出が偏ってしまっている可能性もあるので、また機会があれば打ちたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で!

家スロをまったり楽しみたい方はこちら!→パチスロ販売【A-SLOT】

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PAGE TOP