【スロット初心者】天井狙いのやり方が知りたい!ホントに稼げるの?【天井狙い】 | スロット初心者が勝てるように必要な事を教えるブログ(・∀・)

【スロット初心者】天井狙いのやり方が知りたい!ホントに稼げるの?【天井狙い】

お久しぶりの更新になります!

どうも!ぴよぱぱ(@piyopapa0218)です!

今回の記事のテーマは【天井狙い】について!

内容はスロット初心者の方でも分かるようにまとめてあり、主な内容としては下記の三点。

  • 天井狙いの具体的なやり方。
  • ホントに稼ぐことができるのか。
  • いくら稼げるのか。

こういったよくある疑問が全て解決するように書いてありますので、是非最後までお読み下さい!

天井狙いの具体的なやり方!

天井狙いという言葉は耳にしたことある方多いと思いますが、実際にやってみたことのある方はそう多くないかと思います。

その理由として、やり方を知らなかったり、どうせ勝てないと思っていたり、やらない理由は様々だと思います。

そこでまずは天井狙いの具体的なやり方を紹介していきたいと思います。

天井狙いは簡単に言うと「できるだけ天井に近いゲーム数から当たりを引くまで打ち続ける」ことを言います。

スロットの天井ってなに?

まずは、初歩的な部分になりますが「天井とは何か?」について簡単に解説していきます。

スロットには天井と呼ばれる救済措置のついた機種が多くあります。

救済措置というのは平たく言うと強制的に当たりを引くことを指します。

この「天井」は機種ごとに決められた条件をクリアしないと到達することができません。

よくある条件としては「ボーナス間」であったり「ART間」で合ったりします。要はボーナスやARTを引かずに機種ごとに決められたゲーム数をクリアすると見事天井到達となるわけです。

例えば、天井が「ボーナス間999ゲーム」に設定されている機種でボーナスを引くことなく999回転回すことができれば天井到達になります。この条件の場合途中でARTを引いてしまっても、天井までのゲーム数には影響してきません。

具体的な天井狙いのやり方は?

天井が分かったところで、天井狙いの具体的なやり方を解説していきます。

天井狙いの基本として、出来るだけ天井に近いところから打ち始めるというのがあります。

天井が999ゲームの台を998ゲームから打ち始めれば用意に勝てることが想像できますよね?

では997ゲームなら?996ゲームなら?…こうして徐々にゲーム数を下げていった時に勝てるライン、プラマイゼロのライン、マイナスのラインというのが見えてきます。

天井の狙い目はその勝てるラインを基準に立ち回って行く立ち回りになります。

ここからは期待値という言葉も出てきますので、期待値が分からない方は過去の記事を先にお読み下さい。

スロットを打つなら必ず知らないといけない言葉「期待値」について教えます!

それでは具体的な天井狙いのやり方ですが、基本的には期待値から見た「時給2000円」くらいを目安に台を選びます。

難しく聞こえるかもしれませんが、天井が999ゲームの台であれば600ゲーム位が狙い目になることが多いです。

さらに具体的な流れとしては、まずはホール内を徘徊し、よく回されてる台を見つけます。目安は先程も出てきた600ゲームほど回されているような台。

見つけることができたらひとまず座るか台をキープし、その台の機種名を確認しましょう。次にその確認した機種名の天井を確認します。

「機種名 天井」で検索すればほぼ間違いなく出てきます。この時「北斗の拳」などシリーズだけで検索すると、色々出てきてしまうので「北斗の拳 転生」「北斗の拳 強敵」など出来るだけ詳しく機種名を入れるようにしましょう。

シリーズが一緒でも天井も狙い目も変わってきます。まちがえて打つと損をする可能性があるので気をつけましょう。

また天井非搭載の機種も存在するので天井がない機種の場合は天井狙いは諦めましょう。

天井の確認ができたら次は「狙い目」を確認しましょう。最初のうちは、その「狙い目」のゲーム数から打ち出せばしっかりと期待値を積むことが出来ます。

基本的な流れはこれだけです。非常に簡単なので誰でも出来ると思います。

ホントに稼げるの?

結論から言うと稼げます。

稼げないという声もよく見かけますが、先程説明したやり方でやれば誰でも稼げるはずです。

ただし、天井狙いなどの期待値稼働は毎回必ず勝てることを保証するわけではありません。

勝ったり負けたりしつつ長い目で見たときプラス収支に落ち着くというのが期待値稼働です。

期待値に対しての理解が浅いと、やっぱり稼げないという誤解がここで生まれます。

また狙い目より浅いゲーム数から打ち始めたり、やめるタイミングを間違えるような事が続くと勝ち辛くなります。

狙い目とやめ時もしっかりと調べてから打ち始めるようにしましょう!

いくら稼げるの?

いくら稼げるのか?ということですがこれは拾えた期待値や台数によって変わってきます。

期待値を拾うとは?

期待値のある台を打った時に、「期待値を拾う」とか「期待値を積む」といった言い方をします。

なぜ台数や拾った期待値が関係するのか?

期待値というのは積めば積むほど期待値通りの数字に収束していきます。

つまり期待値2000円の台を1台打っただけでは負けてしまうことも多いです。しかし期待値2000円を10台拾えればその拾った期待値に近づくようになっている為、収支も2000円×10台=20000円に近づきます。

これが数をこなせばこなすほど収支が安定する仕組みです。

天井狙いのポイントまとめ

  • 時給2000円クラスの台を拾う!
  • やめ時をしっかりと守る!
  • 台数をこなす!
  • 出来るだけ高い期待値を打つようにする!

これらを守れば誰でも簡単に天井狙いで稼ぐ事が出来ます。

是非挑戦してみて下さい!

それではまた!

家スロをまったり楽しみたい方はこちら!→パチスロ販売【A-SLOT】

Follow me!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
PAGE TOP